任意売却について

任意売却とは住宅ローン支払い困難者の救済手段です。
住宅ローンを払えなくなると、債権者である金融機関は裁判所を通じて
強制的に家(マンション・不動産物件含む)を売り、その売却代金から
残った住宅ローン債権を回収する“競売手続き”を行います。

あなたのお気持ちは? 今後どのような生活をお考えですか?

  • とにかく家を守りたい。
  • 引越してもよいが、少しでも有利に売却したい。
  • できれば資金を確保したい。
  • ご近所や会社にわからない様、秘密厳守で処理したい。
  • 引越し時期を融通してほしい。
  • 立ち退きを迫られるまで、ここに住みたい。
  • まずはe-くらし工房までご相談ください。

    お客様のプライバシーを守り、なるべく良い条件で売却できるよう二人三脚でお手伝いさせていただきます。
  • 任意売却イメージ

任意売却と競売との比較

「結果的に家を失うのなら、任意売却も競売も同じ」と考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、任意売却と競売では、そこに行き着くまでの過程が全く違います。
「所有者の意志とは無関係に、強制的に売却される」のが競売であり、「所有者の意志により、売却を決める」のが任意売却なのです。

簡単にいってしまえば、任意売却とは「労力を惜しまず少しでも有利な条件で不動産を売却する」こと、対して競売は「自己破産を前提に全てを任せる」ことになります。

どちらもメリット・デメリットはあります。そのため、「今後どのような生活を考えているのか」で、売却方法を選ぶことをお勧めします。

  競売だと・・・ 任意売却なら・・・
売却価格 一般市場相場の2~4割安くなることもある 一般市場相場の価格
プライバシー 情報が公開されるため、近隣の住人や
職場に知られてしまう可能性がある
一般的な売却方法のため、
他人に事情を知られることがない
引越費用 手元に残すことは難しい 債権者等との交渉により捻出できる
可能性がある
現金 残せる可能性は、ほぼない 残せる可能性がある
売却の期間 長め 短め
退去日 裁判所からの強制執行もありえる 事前に協議の上決めることができる
交渉 一括返済の請求や給料の差押えの
可能性もある
交渉の席で債権者との話し合いが可能

任意売却までの流れ

STEP1.当社にご相談
ご売却のタイミングやアドバイスを致します。その後、ご売却物件を調査・査定し、出来るだけお客様のご要望にそったご売却をお手伝い致します。
STEP2.現状の聞き取り
将来についての展望から現状のことを考え、ご希望を優先します。
STEP3.媒介契約
お客様の代理人として、各種調査・交渉を行います。
STEP4.不動産価格調査
近隣相場や蓄積されたデータ、取引事例をもとに価格査定を行います。
STEP5.債権者との交渉
債権者が複数いる場合には、配当の調整などを用いて個別に交渉します。 クレジット会社やサラ金との債務減額交渉も引き受けます。
STEP6.不動産売買契約
適正価格で購入された買主と売買契約を締結していただきます。
STEP7.売買決済・支援資金
売買代金の決済。各債権者に競売の取り下げ、抵当権の抹消を行ってもらいます。 引越し費用や余剰金などが支払われるのは、この時点です。
STEP8.新生活スタート
新たな生活のスタートです。 うまくいけば、数年後には再度住宅ローンが組むことができるように調整します。新居の手配もさせていただきます。

任意売却のメリット

一般的に高額で売却することができます。
任意売却は、市場価格に近い価格での売却を目指すので、不動産競売に比べて一般的に高額で売却することができ、残債務が減り、その後の生活再建支援につながります。
所有者の「持ち出し負担」がありません。
滞納になっている税金、管理費や、仲介手数料などが、任意売却による売買代金から精算されるので、所有者の持ち出し負担はありません。自分の意志で売却するので、気持ちのダメージ
自分の意志で売却するので、気持ちのダメージが小さい。
表面的には通常の物件売買と変わりません。競売のように法的手続による強制的な物件処分によって「取られる」のではないため、債務者への気持ちのダメージも小さく、その後の人生をプラス思考で考えられます。
親しんだ地域に住み続けることができます。
競売になれば、公告というかたちで新聞や業界紙、インターネットなどで、状況が公表されてしまい、隣近所の人に競売にかかったことが知られてしまいます。任意売却ならば、誰にも知られることはありませんので、その後も、慣れ親しんだ地域に住みにくくなることはありません。また、大事なマイホームに住み続けたいという願いをかなえるシステムもあります。ぜひ、ご相談ください。

ページトップ